Adobe Muse Simple Muse Web

第1章

スポンサードリンク

2-6 ワイヤーフレーム

Webサイト制作のポイント5つ目です。

 

1.目的を考える

2.載せる情報を考える

3.サイト完成後にどのように運営・活用するか

4.サイトマップを考える

5.ワイヤーフレーム作成

第2章最後「5.ワイヤーフレーム作成」

 

第2章では、目的や載せる情報、サイト運営の仕方、サイトマップを考えてきたと思います。

それらをワイヤーフレームに落とし込みます。

 

ワイヤーフレームとは、ページ毎にどのようなページレイアウトにするかを考え、

何をどこにどのように配置するかを固めた骨組みを作る事です。

 

何も考えずにいきなりデザインをはじめると、

「やっぱここにあれ載せたいこれ載せたい」

「この情報やっぱ要らない」

など、何度も修正する可能性が高いです。

 

デザインを組む前に、あらかじめ下準備を整えておくと、

今後のWebサイト制作がスムーズに行えます。

 

下記、当サイトをもとにした一例

第5章

第6章

広告

トップページのワイヤーフレームはこんな感じです。

このように他のページも考えていきます。

 

そうは言ってもサッパリレイアウトとか分からないという方は、

好きなサイトや、自分が作りたい雰囲気に合うサイトを見つけましょう。

 

右も左も分からないうちは、自分の好きなものを見て参考にさせてもらう事をオススメします。

これは、Webサイト制作に関わらず、どの制作においても言える事です。

 

自分の引き出しが少ないうちに、自分の頭だけで考えても乏しい発想しか出てきません。

 

なお、ワイヤーフレームは手書きでもソフトを使っても構いません。

私はイラストレーターで作っています。

 

ワイヤーフレーム作成用のソフトもあるようですが、長くなりそうなので今後ブログにでも書こうかと思います。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2013 Simple Muse Web All Rights Reserved.