Adobe Muse Simple Muse Web

第1章

スポンサードリンク

4-7 マスター確認

4章で行ってきたマスターの設定が適応されているか確認します。

サイトマップ画面を開いてみましょう。

このように、マスターに設定したものはページすべてに適応されます。

 

※初期設定ではA-マスターを全ページ参照しているので、全ページA-マスターが適応されています。

※マスターページは何枚も制作が可能です。場合に応じてマスターページを制作し、

 ページ毎に別のマスターを参照する事で、より便利なページ構成を設定する事も出来ます。

広告

ページ上で右クリック

ページ上で右クリック→マスター→マスター選択でどれを参照するか選べます。

※AマスターをBマスターで参照する事も出来ます。

 

なお、このページ上で右クリックは親兄弟ページ作成でも出てきましたが、

色々な操作ができ、使用頻度が多いので覚えておきましょう。

 

第4章はここで終了です。

 

ここまでくるとあとは

・1ページ毎に中身を作っていく

・メタデータの編集(検索されるためのデータを入力)

・サーバーにアップして公開する

です。

 

ページの中身は人それぞれ違うと思うので、好きなように作りましょう。

(ワイヤーフレームを作っている方はそれにそって)

 

第5章では、ページを作る際に便利なオブジェクト挿入HTML挿入リンクアンカーを紹介していきます。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2013 Simple Muse Web All Rights Reserved.