Adobe Muse Simple Muse Web

第1章

スポンサードリンク

広告

実際コンポジションではどのような動作が出来るのかを簡単にまとめました。

 ①ツールヒント

 下の●にマウスカーソルを合わせてみましょう。

 画像・テキスト・幅・枚数は自由に変更が

 可能です。(以下同様)

 ②プレゼンテーション

 下の□をクリックしてみましょう。

 

 画像切り替え種類:水平・垂直・フェード

 マウスイベント種類:クリック・ロールオーバー

 

 ③ライトボックスの表示

 左の□をクリックしてみましょう。

 画像・テキスト・幅は自由に変更が可能です。

 

 詳細設定は大体プレゼンテーションと同じです。

 ④空白

 文字通り空白です。コンポジションを好きな

 ようにカスタマイズできます。

 ⑤特集記事

 左の□にマウスカーソルを合わせてみましょう。

 ①~④と操作はほぼ同じです。

 

 全てに共通する詳細設定ですが、

 ・+マークで項目を追加できる

 ・トランジション速度→コンテンツが切り替わる速度

 ・自動再生→コンテンツが自動で切り替わる

 ・シャッフル→コンテンツの順番がシャッフルされる

 

 一部抜粋で紹介しました。

以上でコンポジションの説明は終わりです。

 

・選択範囲をきっちり見定めて、画像やテキストを配置していく

・詳細設定で好みの動作にする

・画像の配置の仕方は、

 1 コンポジション配置後に左上メニューの「ファイル」→「配置」を選択し画像をページに配置

   2 もともとサンプルで表示される必要の無い画像を消す

 3 コンポジションで出来たそれぞれのコンテンツ枠内に画像を移動

    (■□□とある場合、□をそれぞれクリックすると、コンテンツ毎に編集出来ます)

 

画像配置などが、選択範囲が分かりにくいので使いづらい印象がありますが、

慣れれば問題なく使えると思います。

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright © 2013 Simple Muse Web All Rights Reserved.